気候と風土にあった住宅|マイホームの購入は慎重に!不動産会社選びで住居の質が決まる
婦人

マイホームの購入は慎重に!不動産会社選びで住居の質が決まる

気候と風土にあった住宅

室内

規制内容に注意

京都と言えば、古都の風情があふれる情緒ある町です。寺社仏閣も多く、世界文化遺産や国宝、重要文化財も擁しています。そんな美しい自然や景観を保つため、京都市の多くの部分が景観地区に定められています。看板や建物の高さなど、様々な規制がかけられています。そんな京都で注文住宅を建てる場合は、やはり注意が必要です。場所によって規制内容は違いますが、家の高さや瓦の種類、壁の色や材質に至るまで、細かい約束があります。基本的に外観は和風のものでなければなりません。京都での注文住宅の建築は、他の土地で建てるものとは全く違います。もし注文住宅を建てる際は、京都での経験が豊富な信頼できる工務店や設計士に依頼することが大切です。

暑さ寒さにも対応した住宅

京都は盆地です。三方を山に囲まれていることから、風の動きが弱く、空気が滞りがちだと言われています。そのため、夏の暑さはとても厳しく、冬は雪の降る地域もあり、寒い土地が多くなっています。降水量にも特徴があり、夏は雨が多く、冬は少ないといった気候です。そんな京都で建てる注文住宅には、暑さ寒さが厳しい外気をシャットアウトできる、というものが多く見られます。反面、春や秋の過ごしやすい時期には、存分に風や季節の移ろいを楽しめるよう、窓を大きく取った設計が人気です。自然の太陽光や風を上手く室内に取り込む設計方法がありますが、京都の注文住宅にはこの方法がぴったりです。京都の気候に適した住宅を建てることができるのも、注文住宅ならではです。